TOPINFORMATIONABOUT THIS BLOGPROFILEAMAZON ASSOCIATECONTACT

2014年12月31日

2014.12.31

まわりから見れば「ひどい1年だったね」と言われてしまうかもしれません。

7年間プレーしたチームを離れ、一大決心のもとで選んだ新チームがわずか3ヶ月足らずで経営破綻し、結果として、今現在どのチームにも所属していません。次の道も何も決まっていません。職を失い、収入はゼロになりました。昨年末から振り返ると、わずか1年後にバスケが出来ていないなんて、想像すらしていませんでした。また、元チームメイトたちの大半がこのおかしい現状に異を唱え、チームを離れて行きました。

時を同じくして、日本バスケットボール協会がFIBAから制裁を受け、小学生からプロに至るまで協会傘下団体の一切の国際活動が禁じられることになりました。僕のところには「選手の声を聞きたい」と、連日のように取材が押し寄せました。選手会はまだ出来て1年ですが、世間はとても大きな期待をしているように感じます。その期待に応えられるように、選手たちも出来ることを考え始めています。

このように、2つの大きな問題が同じタイミングで自分の身の回りに起こりました。そして、現在もそれは解決していないのです。正直言って、これほどまで窮地に立たされたことは未だかつて無かったように思います。

振り返ってみると、大きな分岐点が何度もありました。僕はその時その時で最善の選択肢をとってきたと思っています。結果論からすれば、こちらが良かったあちらが良かったということは、いくらでも言えます。

ただ、その都度最善を尽くした上で、この結果になっているのだから、何も悔やむことはありません。納得してこの場所に立っています。


_____



僕のチャレンジは、いつも自ら仕掛けて、自ら飛び込んでいくことでした。会計士試験に合格するために勉強をする、監査法人に勤める、私塾を自主運営をする、会社を設立し経営する、選手会を設立する・・・全てが大変なチャレンジでしたが、自分がやりたいことでした。やっていてワクワクするし、辛いなんて全く思いませんでした。

しかし、今回訪れた問題は、どちらかというと降ってきた災難の一種です。同じ大変さでも、その質が異なりました。日々かかる重圧に対し「自分のやりたかったことって、これだった?」と自問しました。そんな状況でも、どうにかして精神力を保ち、前向きに解決策を考えなくてはいけませんでした。

正直言って、辛かったです。全く楽しくないからです。バスケをする為に移籍をしたし、バスケ選手としてステップアップする為にこの道を選んだからです。早くバスケがしたかったのです。

でも、僕は今いる選手を守る為、将来の選手たちを守る為に行動を起こしました。それは「自分にしか出来ないこと」だと思ったからです。他の選手たちも、同じ想いを持って行動を起こしました。そして、その行動を多くの方々に応援して頂きました。多くの方々から温かい声、想いをたくさん頂きました。そのおかげで頑張ることが出来ました。本当に感謝しています。選手たちもみんな感謝しています。それだけでも、幸せなことでした。



最近は、バスケットボールというものを理解していない人が、バスケットボールをやろうとしています。バスケットボールというものを好きじゃない人が、バスケットボールをやろうとしています。ただ、それを止めることは出来ません。好きじゃなくても出来るだろうし、別にやってもいいからです。

でも、僕にとってそれは悲しいことです。僕はバスケが好きで、人生を懸けて真剣に取り組んでいるので、それが勿体無いと思うからです。もっと真剣にやれば、可能性のあるスポーツだと思うからです。バスケが好きな人たちの心を理解する努力をすれば、こんなに問題ばかりが起こらないと思うからです。

理解していないのであれば、誰かが教えてあげるべきだと思います。おかしいことには、おかしいと言わなければずっと何も変わらないのです。

信念を貫くというのは、勇気のいることです。おかしいことにおかしいと言うことは、勇気のいることです。僕は、勇気を持って戦った仲間たちを忘れません。


僕はこれからも変わらず、自分の信念を貫き、最善を尽くしていこうと思います。


_____



バスケは、今の自分の全てです。

2014年、僕は全てを失いました。ゼロになりました。

2015年、全てを取り戻したいと思います。必ず、コートに戻ってきます。


robots_family.JPG





【関連記事】

日本バスケ NBLのつくばロボッツで選手15人中、11人が退団-FNNニュース

時事ドットコム:岡田ら11人が自由契約=NBLつくば

バスケ・岡田 大量自由契約に「憤り」/スポーツ/デイリースポーツ online

岡田優介ら11人を自由契約に 経営難のバスケ・つくば - 朝日新聞デジタル

「生活が困難な金額」バスケ元つくば9選手、内幕を公表 - 朝日新聞デジタル

選手4人のつくば NBL救済案検討-nikkansports.com

バスケつくば、新会社に移管 10選手確保、NBL承認 - 朝日新聞デジタル

時事ドットコム:つくばの新運営会社を承認=10選手確保にめど−バスケットNBL

バスケつくば、ぶっつけ本番で試合成立-nikkansports.com










タグ:バスケ
posted by okada at 14:33 | Comment(7) | TrackBack(0) | 節目の日記
この記事へのコメント
いつでも、いつまでも応援しています。

岡田さんの大好きなあの場所に帰ってくるのを
待っています。

いつでも味方です。


Posted by 汐 at 2014年12月31日 16:38
今年は岡田くんやバスケ界にとっても凄く大変な1年だったと思います。

誰もが嫌になる位の悲惨な状況の中でも、諦めずイイ方向へと模索したり自分から積極的に何らかの行動を起こすのは相当な勇気が要りますし、なかなか簡単に出来るコトではないと思います。

それでも選手やスタッフ、ファンなど関係者の皆さんが状況を良くしよう、バスケの面白さをもっと広めようと動くキッカケを作ったのは岡田くんの力が大きいと思います。

私自身も色々と落ち込んでいる時期ではあるので怖がらず思いっ切り外へ出てやってみようとする勇気を頂き感謝しています。

今は辛い時ですが、あまり1人で抱え込み過ぎないで下さいね。
来年は試合会場で岡田くんの復帰プレーを観るのを楽しみにしています。

それでは良いお年を。
Posted by チカリー at 2014年12月31日 16:58
いつも岡田さんのブログ・ツイッター・ミクシィ見てます。大変な中、言葉にするのが辛い時もあると思います。それでもいつも岡田さんの気持ちを発信してくださることが嬉しいです。ずっと応援しています。来年が岡田さんにとってさらに飛躍の年になりますように(*^^*)
Posted by しょうこ at 2014年12月31日 17:24
明けましておめでとうございます。ブログ、読みました。たくさんのことが一度に…辛いと思います。自ら選択し、一つでも前に進むためのものが…優介さんが窮地にたたされる結果となったこと…。私は、それでも前に進む力を持っている人だと思います。ゼロからのスタート。長い道のりかもしれません。でも今まで積み重ねたことが必ず役に立つと私は信じています。どん底…表現がいいかは別として、待っています。必ず岡田優介選手がコートでプレーする日を。私のスマホの待ち受け、今でも同じです。その先を見つめる瞳、最高です!スマホのTwitterが?新規登録?ログイン?うまくいかなくて、タブレットでコメントします。頑張ってください岡田優介選手(*^▽^)/★*☆♪
Posted by kyoko at 2015年01月01日 02:07
縁あって、ブログ拝見させていただきました。
岡田さん、本当に大変だと思いますが、負けないでください。陰ながら応援しています。
Posted by ゆき at 2015年01月04日 20:31
私はバスケットボールが大好きで、バスケットボールに携わるする仕事に就きたいと思っています。
現在はマーケティング会社に勤務し、IT担当チームでIT会社のセミナーなどビジネス向けイベント仕事をしています。
今はまだバスケットボールとは程遠い地点に立っており、他人から見れば周り道しているように映るかもしれませんが、イベント業界でイベントについての知識や経験を身につけることがバスケットボールに携わる仕事に就くことへの道に繋がると思い、日々仕事に取り組んでいます。
スポーツに全く関わらない業務に面白さを見出せず辛い時もあります。早くバスケットボールに携わる仕事がしたいです。でもどんな状況にも意味があり、全力で取り組むことがいつか力になると信じています。

岡田さん、負けないでください。
どんなに辛い状況下においても、岡田さんの言葉や生き様には力が宿っています。
選手会会長に就任されたように、自然と人を惹きつける魅力があります。
私はバスケットボールも岡田さんの考え方や何事にも全力で取り組む姿勢が大好きです。
コートに戻ってこられる日をお待ちしております。
Posted by k_ykzk at 2015年01月05日 17:22
今晩は。コートの上で輝く岡田さんの姿を拝見できる日が1日も早く来ることを願っています。私たちに何かできることはありますか?負けないで!!!
Posted by 雄生母 at 2015年01月07日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


筆者へのメッセージはこちらから。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。