TOPINFORMATIONABOUT THIS BLOGPROFILEAMAZON ASSOCIATECONTACT

2012年03月15日

宮城県石巻市の子供たちにバスケットボールクリニックを行いました。

先週末、宮城県白石市にて試合がありました。3月10日と11日。ちょうど、震災から1年が経過した日でした。今なお厳しい生活を余儀なくされている方もたくさんいる中、こうしてバスケットができる環境があることに感謝しなくてはいけません。


11日の試合が終わった後、タイシとニノと一緒にそのまま現地に残りました。翌12日に宮城県石巻市の子供たちに向けてバスケットボールクリニックを開くとのことで、それに参加するためです。個人的に付き合いのある方から依頼があり、今回はチームとしてではなく個人として参加させてもらいました。(Sport Solutionという団体が主催するプロジェクトです。)

震災後、体育館は避難所として使用されていて、被災地の子供たちは長い間バスケットボールをすることが出来なかったようです。大変な時にバスケットボールなんて、、、と大人は思うかもしれませんが、バスケットボールが大好きな子供たちにとってみれば、ものすごいストレスだったと思うのです。そんな彼らに思う存分バスケットボールをしてもらい、笑顔を取り戻してほしいという主催者の皆さんの想いに非常に共感しました。少しでも手助けが出来たらと思い、喜んで参加させてもらうことになったのです。

ということで、その時の写真を頂いたので少し紹介したいと思います。
(正式に許可を頂いていないものもあり、個人の認識ができないレベルに解像度を落としています。)

1.JPG

2.JPG

3.JPG

4.JPG

5.JPG

6.JPG

7.JPG

8.JPG

9.JPG

10.JPG

11.JPG

12.JPG


今回は地元であるbjリーグ仙台89ERSの日下光選手と安田壮史選手も参加して下さったため、合同でクリニックを行いました。また、元WJBL選手の神事真規子さん、レラカムイや富山グラウジーズでプレーした熊谷渡さんも一緒でした。さらに、アメリカからの助っ人コーチ・パッションも(詳しくはサイトをご覧ください)一緒でした。

クリニックの詳細はプロジェクト報告にお任せいたしますが、何より子供たちが楽しくバスケをする姿を見ることができて本当に良かったです。こうして子供たちと一緒にバスケをすることで、子供たちが笑顔を見せてくれるのなら、また何度でも協力したいです。


クリニックの前に、被害の大きかった沿岸部を見てきました。1年経った今でも凄まじい状況。本当に言葉が出ませんでした。ただ、自分の目で現状を見てこれたのは貴重な経験でした。自分に出来ることは少ないのかもしれませんが、一日も早い復興を祈り、小さなことでもいいので支援を続けていきたいと思っています。









タグ:バスケ
posted by okada at 17:50 | Comment(6) | TrackBack(0) | バスケ全般
この記事へのコメント
リーグ戦とクリニック3日間お疲れ様でした☆★
写真を見てると皆さん楽しそうでイイですね!!
震災から1年経った今、復興に向けて頑張ってるニュースを目にしますが、こういう楽しませて気分転換させてくれるイベントも、どんどんやってイイと思います^^

何ができるかは分かりませんが、また募金しようかなぁと思います。
Posted by チカリー at 2012年03月15日 18:50
こんばんは。
当日の様子を教えて頂きありがとうございます。
笑顔もあり、真剣で厳しい顔もありですね。

岡田選手の参加を知る前より「元気玉」でこの
プロジェクトに興味を持っており、微々たるもの
ですが、支援をいたしました。

特別な何かを持っている訳ではないので、この形で
しかできる事がないのですが。

岡田選手が関わって下さった事が、なんだか、上手く
表現出来ませんが、心強く感じました。

乱文にて、失礼しました。
Posted by 汐 at 2012年03月15日 19:31
お疲れ様でした

まだまだ時間がかかるけど
岡田さん達のお陰で少しでも
皆に笑顔でバスケが出来たことが
嬉しいです。

うちの息子の優介ですが…
岡田さんの大学時代のDVDを観て只今3Pシュートの練習中です。
来月の春季大会には成功率が上がってますように。





Posted by じゅん at 2012年03月15日 23:34
おはようございます!

白石での試合、そしてクリニックお疲れ様でした。
白石での試合は2日間とも全員試合で本当に観戦出来て良かったです。
ベンチで見守る選手がとても楽しそうで、笑顔が溢れてましたね。

笑顔が溢れてるのは写真の子供たちも同じで、本当に楽しそうにしていて元気をもらいます。
子供たちにとって最高の1日を過ごせたのではないでしょうか♪

先日も夕方に東北で地震が発生し、その夜には茨城・千葉でも震度5強を観測した地震がありました。
1年経過した今でも余震がきて、決してあの震災を過去のものにはさせてません。少しずつ記憶の片隅にしまいがちですが、忘れずに自分に出来ることをしていこうと思います。

今日の試合、バスケ初観戦の会社の先輩後輩を誘いました。2人とも楽しみにしていてくれて、私もいつも以上に楽しみです!!
今日も応援してます☆

Posted by あすか at 2012年03月16日 08:10
未だ不自由な生活が続く中で、少しの時間でも楽しく笑顔になれる時間が出来た子供達は本当に嬉しかったでしょうね。

これからも“笑顔”“元気”“勇気”“希望”をたくさん届けたいですね!

一人では微力かもしれないけど、皆が力を合わせれば大きな力になります。
私も自分なりに何か力になる事が出来ればいいなと改めて感じました。

Posted by ゆ〜♪ at 2012年03月16日 09:30
岩手県の陸前高田市で子ども支援を行っているん伊藤と言います。Twitterで連絡があったかと思いますが、広田小バスケ部のユニフォーム代を集めるために募金活動などを行っています。
今回、ユニフォームを子ども達に用意して下さろうとしてくれてありがとうございました!
広田小バスケ部は今年出来た部活動です。なぜなら、震災後、学校のグラウンドに仮設住宅が建ち並び、運動するスペースが無く、保護者の「子ども達に全力で体を動かして欲しい」という思いから始まりました。
最初は子ども達が自分達が持っていたバスケットボールを持ちより、毎週2回行っていました。
時間が経つにつれ、子ども達の人数も増えていき、現在28人と小学校の生徒の3分の1の子どもが活動しています。そして、部員の3分の1が東日本大震災で被災して自宅や家族を亡くしています。
それでも、子ども達は前向きに6月の大会を目指して練習しています。
きっかけは、Twitterですが、もし宜しければ子ども達に希望を夢を持って貰うために、バスケット教室などをして貰えないでしょうか?
突然こんなお願いをして、申し訳ないのですが、よろしくお願い致します。

Posted by 伊藤雅人 at 2012年03月21日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


筆者へのメッセージはこちらから。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。