TOPINFORMATIONABOUT THIS BLOGPROFILEAMAZON ASSOCIATECONTACT

2011年02月14日

志村第四小学校へ行ってきました。

「中学になったらバスケ部に入って、将来はバスケ選手になるんだ!」

こう決めたのは、小学五年生の頃でした。

当時、地元の新宿区にはミニバス(バスケの少年団みたいなもの)が一つもなかったため、バスケがしたくてもその環境がなかなかありませんでした。リングのある公園を探したり、地域の体育館の一般解放に行ってみたり、色々しましたが、それだけでは全然足りません。雨の日も風の日も、台風の日も大雪の日も、バスケをしなきゃ気が済まなかったのです・・・岡田少年は。

「先生!校庭を使わせて下さい!」

「先生!中学生用のリングを使わせて下さい!」

「先生!他の小学校と練習試合をさせて下さい!」

そんな僕らのわがままをできる限り聞いてくれて、バスケをする環境を用意してくれたのが、早稲田小学校で6年生の時の担任だった田口先生でした。田口先生は女性ですが、とてもパワフルな先生で、なんでも親身に相談にのってくれるし、悪ガキにはしっかりとにらみをきかせるし(笑)、、、みんなのお母さん的な存在でした。いまだにママさんバレーで現役中だとか。以前ブログで書いた中学校の恩師である和田先生とも仲がよく、わがまま坊主たちを小学校から中学校へと引き継いでくれたのです。そういえばなんだか二人はよく似ています。(早稲田小と牛込第二中は隣同士なのです。)

・・・

さて、その田口先生から子供たちに「夢」をテーマに講演をしてほしいと依頼され、先日、板橋区立志村第四小学校に行ってきました。田口先生は今ではそこで副校長先生になっていました。また、講演に加えて、体育のバスケも一緒にしてほしいとのことでした。「キャリア教育」という授業の一環としての企画だったようです。

今回は、その様子を写真中心で書かせてもらおうと思います。写真はたくさんあります。
(※写真は本人と保護者の方に許可を頂いたもの以外、編集をさせてもらっています。)



1.JPG
5年生からです。まずは自己紹介。

2.JPG
シュートがうまく入るコツをお話しました。

3.JPG
5年生担任の長田先生「ハーフラインからも決めてくれます。」という無茶ぶり(笑)
(リングは小学生用で、ボールは5号です!3、4本で入ったから良かった。)

4.JPG
教わったシュートを実践してくれている子供たち。

5.JPG
試合もしました。左に映っているのが長田先生ですが、実は彼は福井県の北陸高校バスケットボール部出身。年は僕の一つ下ですが、僕の代から試合に出ていた選手です。しかも北陸高校はその年にインターハイで全国優勝しています。もちろん彼のことは記憶にありましたが、まさかこんなところで出会うとは、、、世間は狭いということですね。今回の企画も全面的に協力してくれました。

6.JPG
バスケの後は、「夢」についてのお話です。ちゃんと真剣に聞いてくれました。

7.JPG
終わったらサイン会になってしまいました。お母さん方、帽子になんか書いてあって洗濯中にびっくりしたでしょうね・・・申し訳ありません。

10.JPG
5年生みんなで集合写真。

11.JPG
休み時間には、全校生徒でマラソンタイム。一緒に走りましたよ。結構ハードでした(笑)

12.JPG
走り終わったら5年生のみんなにすぐ捕まりました。人懐っこい子たちです。

14.JPG
次は場所を変えて6年生の教室です。今度は先に「夢」についてのお話。

15.JPG
5年生よりもみんなちょっぴり大人です。こちらも真剣な眼差しで聞いてくれました。

17.JPG
その後は、またバスケ。

19.JPG
みんなすごく素直で可愛いです。自分にもこんな時期があったかなぁ・・・。

続きを読む
posted by okada at 22:41 | Comment(18) | TrackBack(0) | 日記全般


筆者へのメッセージはこちらから。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。