TOPINFORMATIONABOUT THIS BLOGPROFILEAMAZON ASSOCIATECONTACT

2009年05月31日

平成21年公認会計士短答式試験感想

前述の通り、5月24日に短答式を受けてきました。

(この記事は数少ない会計士受験生向けに書くので、中身については今回配慮していないのでご容赦下さい。同じ受験生の方は、よかったらコメントくださいね。)


簡単にですが各科目感想をつらつらと。


【企業法】

企業法は一番得意な科目なので、ここで良いスタートを切って次を気持ちよく受けられたらなと思っていました。昨年は上出来すぎる95点だったこともあり、難化するだろうとの予想を加味しても、少なくとも8割以上でアドバンテージをとろうと皮算用していたところでした。案の定やや難しくなっていましたね。

問3の特例有限会社はTACでは未対策なので、一般常識で考えると名称に有限会社はmustだろうなくらいしか切れず。あとは推定するしかないなと。社債と会計監査人、どっちかが不可という二択まで絞ったところであえなくはずす。「持分会社は社債を発行できない〜(誤)」という×の肢がよく答練で出ていたな〜と頭に浮かんだんで、その対比で逆でいこうと思いましたが、カンケーなしでしたか。
問19の特定有価証券はなぜか疑うことなく即答で新株予約権をチョイス。まぁこれも未対策なので仕方なし。あと二問は去年くらいじっくり条文に当たることが出来ていればとれていたであろうところを落とす。ただ、もともと定款記載事項と登記事項はちょっと嫌いです。計4問落としのギリギリ80点。きついスタートとなりました。

【監査論】

机の勉強しかしていないため、実務色の濃い問題ははっきりいって苦手です。しかも通信だと講師への質問もすぐに出来ないので気になっても放っておくしかないため、スムーズに解決しないことがネックですね。今後の課題かな。監査は当初35分で終わらすことを目標、少なくとも40分と決めていましたが、ルールを守りきれず47分もかかってしまったことが管理に響く結果に。基本的な問題は落とさずに済み、75点キープ。現時点で割れてる解答にはかすりもせず。逆によかったかな。


【管理会計論】

今回最大のポイントでした。理論は十分対策したつもりだったのですが、典型的な「基準」問題で記憶が曖昧だったことや超簡単なVEの公式なんかを間違えたりしたりで、非常にもったいなかったです。絶対的な追い込み不足でした。時間内に解いた計算は落とさなかったのがせめてもの救いで、監査での時間配分ミスもあって正直かなり難しかったです。時間との戦いで焦りがありましたが、去年の教訓を生かして「他の人も時間がかかっているはず」と何度も言い聞かせ、出来るだけ慌てず落ち着いて解いていけたのが被害を最小限に抑えられた要因かもしれません。首の皮一枚残ったという感じの、60点。

【財務会計論・理論】

概フレでいきなり脅しをくらった以外は、総じて解きやすかったです。去年と比べるとだいぶ安心して切れました。2問落とし+割れているのが1問。多数派の方なので、これが転がってくるとアツいのですが・・。

【財務会計論・計算】

去年は財務で本当にボコボコにやられたので、めちゃくちゃ警戒していましたが、計算も思っていたよりかなり解きやすかったですね。対策していた企業結合・事業分離が出ず。小難しい帳簿・特商も出ず。びびっていた本支店と連結キャッシュが出なかったのには助かりました。

問13リースはなぜか怪しすぎるだろうって考え過ぎてしまい、根拠もなく移転にしてしまい、それだけで8点は痛すぎる。まんま移転外って・・本試験に呑まれたと思った瞬間です。
総合問題二問は特に驚きませんでしたが(表紙に書いてありますし心の準備はできていました)、二つ目の連結を慎重に解きすぎて一つ目の総合を解き終える時間が足りず。ただ、連結の部分時価は廃止されるからといって手薄な人もいたのでしょうか?そこんとこ通信だと情報に疎い分、助かったという感じです。連結は全面・部分ともになんの変わりもなくやってきたので無難に取れました。

続きを読む
posted by okada at 18:50 | Comment(18) | TrackBack(0) | 会計士受験記

2009年05月29日

ご無沙汰しております

こんばんは。

随分長い間更新出来ず申し訳ありませんでした。このオフの間、すごく忙しくなるなと思っていたので、ブログはしばらくお休みしますとお伝えしていたのですが、実際には思った以上のハードスケジュールの中過ごす事になりました。


何から書いてよいのか、とりあえず近況を三点ほど簡単にお話します。


まずは、今シーズンもトヨタ自動車アルバルクでプレーさせて頂ける事になりました。3シーズン目もどうぞよろしくお願いします。去年は新しいメンバーが加わるだけだったので特別何かが変わったと感じることはなかったように思えるのですが、今年は大きくチームのメンバーが入れ替わることになりました。やっぱり一緒に戦ってきた仲間が去るのは寂しいことですが、そういうことが頻繁に起こる環境でやっているのですから受け入れなきゃいけませんね。きっとそれぞれが各方面で活躍してくれると思うので、こちらも負けじと今度こそは優勝出来るように頑張っていきます。


次に、自身初の日本代表候補に選出されました。4月の上旬から、今日に至るまでずーっと合宿中です。日本代表はバスケを始めた頃からの夢なので、候補に選ばれた時は本当に嬉しかったです。最終メンバーに残れるように、必死にアピールしていこうと思っています。情報はこちらで更新されていますのでご覧ください。
日本協会バスケットボール協会
http://www.jabba-net.com/
日本代表公式サイト
http://www.jabba-net.com/japan/
東アジア選手権HP
http://eaba.jabba-net.com/sm/2009/index.html



最後に、実はこれがブログが更新できなかった一番の理由なのですが、5月24日に会計士試験を受けてきました。
代表に呼んでもらえることはもちろん嬉しかったのですが、それと同時に複雑な気持ちでした。なぜなら、3月のプレーオフ前くらいには代表に選出されたことに加え、大体のスケジュールも聞かされていて、短答式試験の週がまるまる海外遠征の予定だったからです。
ただ、仮にどちらか一方を選べといわれたら、答えは自分の中で最初から決まっていて、代表に参加させてもらうことでした。今後いつあるか分からないチャンスですから当然と言えば当然ですが。その一方で、5月まで合宿のメンバーに自分が残っているかも分からないし、試験はいつでも受けられるように準備だけはしておこうと決めました。悩んでも仕方ないので「今出来る確かなことは、合宿と平行しても合格できるくらいの猛勉強をすることだけ」ってな感じの割り切り方でした。

結果的にインフルエンザの影響もあって海外遠征が中止になったので、そういった意味ではすごく運が良かったとも言えます。ヘッドコーチにも理解していただいて、当日は試験を受けることが出来ました。

(会計士試験についてはカテゴリわけして、後日別に書きます。)

続きを読む
posted by okada at 00:50 | Comment(19) | TrackBack(0) | 日記全般


筆者へのメッセージはこちらから。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。