TOPINFORMATIONABOUT THIS BLOGPROFILEAMAZON ASSOCIATECONTACT

2009年03月19日

シーズン終了

大会が終わると、まだ終わった実感の湧かないまま、なぜか翌日ふらっとシューティングに行くことが多いです。

体はキレが残っているのに、心が空っぽの状態で、適当に力無く打ったシュートも、なんだか知らないけど入ってしまって、なんで今になって入るんだよと、悔しさよりも虚しさで余計にぽかーんとしてしまうんですが。

心は充実しているが体が思うように動かないっていう状態は普段もたまにありますが、逆パターンはこういう時くらいかなと。

学生の頃からずっとくらっているこの感覚、嫌いなんですけど、やってしまうんですね。悔しさを忘れたくないからでしょうかね。






今シーズン、終了してしまいました。去年は七試合あったプレーオフが今年は二試合しかなかったからなのか、リーグとの間が空かずにすぐにセミファイナルだったからなのか、やけにあっけなく終わってしまったなと感じたのは自分だけじゃないのではないでしょうか。



正直、悔しいです。何が悔しいのかなと考えましたが、今までの悔しさの理由とは違うことなんじゃないかなと思いました。







思うところはたくさんあるんですが、やめておきます。この流れだとどうしてもネガティブに捉えられてしまいそうなので。今後についてはいたってポジティブなので、どうかご安心を。




さて、昨日は外国人たちがアメリカに帰ってしまうようなので、チームで選手の家族も一緒に、食事に行きました。しばらくみんなとも会えなくなるし、寂しい季節だなぁと感じました。逆に言えば、すごくいいチームで今シーズンもやることが出来たんだなーと本当に心の底から思います。



最後になりましたが、今シーズンもアルバルクを応援してくれた皆さん、本当に本当にありがとうございました。とても感謝しています。


自分が成長出来る道を探して、来シーズンも元気な姿を見せようと思っています。

ではでは。

続きを読む
posted by okada at 00:26 | Comment(32) | TrackBack(0) | 節目の日記


筆者へのメッセージはこちらから。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。